黒湯通信 -Extra kuroyu!-

スタッフより、秋田・田沢湖・黒湯温泉周辺の「旬」をお知らせします。
ナナカマドの紅葉

 

黒湯温泉も秋の気配です。

ナナカマドが色づき始めています。

 

今年の紅葉は例年通りか、少し早く始まるかもしれません。

 

沢水の水槽のあたりには「ミズものこぶ」(うわばみ草の実)もできています。

こちらのものではありませんが、ご夕食でも出る時がありますよ。

 

↓  ↓  ↓

 

 

朝晩の気温差も大きくなってきました。

旅館の各部屋にも、ヒーターが置かれています。

お越しの際は、羽織るものを一枚お持ちいただくとよろしいかもしれません。

 

| 黒湯での出来事 | 12:41 | - | - |
夏山のお誘い〜コマクサ編

黒湯スタッフぶんちゃんです。

大焼砂コマクサがんばって咲いてます。

焼森手前からムーミン谷への分岐点まで

の間に多く見られます。

 

焼森でもコマクサみられます。

 

ムーミン谷はチングルマは散りましたが、

晴れた日は気持ちの良い場所です。

クマと男岳方面の斜面の登り下り、木道

の一ヵ所崩れたところが注意必要です。

 

昨日は男岳山頂も天気よく田沢湖が綺麗に

見えました。

 

山は体調や天候等コンディションと相談しな

がら無理せず楽しんでください。

タイミングが悪い時は温泉でごゆっくり♪

 

 

| - | 13:50 | - | - |
なんも大学 掲載

秋田に暮らす人々から学び、未来にシェアするウェブマガジン「なんも大学」で、黒湯温泉が紹介されました。

 

今や全国的に知られている乳頭温泉郷ですが、その最奥に位置するこの黒湯温泉は外国からお見えになる方もたくさんいらっしゃいます。

ぜひ秋田にお住まいの方、地元の方々にも一度はお尋ねいただきたいと思います。

 

新たな秋田の魅力が見つかるかもしれませんよ!

 

 

 

https://nanmoda.jp/

 

からどうぞ♡

 

 

| お知らせです | 15:31 | - | - |
夏山のお誘い〜千沼ヶ原・大白森編

黒湯従業員のぶんちゃんです。

八月に入り山の日も近づいてまいりました。

毎日山のお客様がお見えになっております。

秋田駒ケ岳や乳頭山に登る方が多いですが、

今日は二つの高層湿原、千沼ヶ原と大白森

のご紹介。

 

 

千沼ヶ原は八幡平国立公園の中で最大の湿原

で幻想的な風景が広がります。

花の時期には高原植物が楽しめます。

木道が整備されてますが、雨等で湿っている

時の転倒や木道が痛んでいる箇所に注意!

 

 

写真は7月28日のものでキンコウカで黄色く

染まってました。

 

 

ニッコウキスゲもみられました。

千沼ヶ原は秋田県側からは乳頭山(烏帽子岳)

から足を伸ばしたり、秋田駒ケ岳から乳頭山

への縦走路の途中に立ち寄る形になります。

 

 

大白森は乳頭山から八幡平に連なる県境稜線

の縦走路上にあり、手前の小白森山とともに

山頂一体が広大な高層湿原になっています。

壮大な展望が広がり天気が良い日などは

まさに別天地です。

 

 

蟹場口や鶴の湯から登れます。ぬかるみ

に注意が必要な地帯があります。

千沼ヶ原・大白森ともに熊に注意!

熊鈴やラジオ等準備してください。

天気や体調と相談しながら山を楽しんで

ください。

| - | 21:30 | - | - |
茅葺き2018 夏

 

今年も黒湯の夏の風物詩、茅葺屋根の架け替えが始まりました。

 

 

今年は、カヤ棟6,7,8号室の屋根の架け替えです。

 

この棟の架け替えは7年ぶり!

この茅葺きの建物は大正時代からあるそうで、約100年前からこの場所で、湯治にくるお客様を迎えてきました。

今でも自炊棟として人気が高く、囲炉裏も切ってあり風情があるので、ご宿泊の際にこの棟を指定してくるリピーターの方もたくさんいらっしゃいます。

 

 

新しい茅。

また7年後まで雨や雪に耐えてくれます。

 

 

 

茅葺き職人さんたちもだいぶ少なくなりましたが、若い担い手が育っているようで素晴らしいです。

作業の手際を見ているだけでも飽きません。

 

茅葺きの架け替え作業は7月中旬まで。

雨が降らず、滞りなく終わりますように。

 

 

 

| 黒湯での出来事 | 14:47 | - | - |
全国放送!

6月25日月曜日、12:20〜12:43

NHK『旬感☆ゴトーチ!』という番組で乳頭温泉郷が紹介されます。

黒湯温泉からはゴトーチハンターが生中継!(実は黒湯スタッフだったり)(笑)

 

こちらが番組のリンクです。

↓  ↓  ↓

http://www4.nhk.or.jp/goto-chi/

 

スタジオゲストは東 貴博さん、鶴の湯温泉からのリポーターは秋田出身の生駒里奈さん!!

 

地元の皆さんも、遊びに来たことのある方も、泊ったことのある方も

どうぞお楽しみに!!ぜひご覧くださいね〜!

 

 

 

| お知らせです | 16:45 | - | - |
幻の温泉

 

 

黒湯温泉から乳頭山へ向かうこと40分。

幻の温泉といわれる「野天湯」が姿を現します。

 

一本松温泉…通称「たつこの湯」 です。

 

 

源泉の温度は 約50〜60℃。

すぐそばを流れる先達川から、ホースで水を引いて加水します。

 

乳頭山登山道 黒湯口から登っていきますが、途中で沢を渡ったり足元の不安定な場場所もありますので、

くれぐれもトレッキングシューズなど、登山に適した格好でいらしてください。

またこの時期は熊も目撃されています。

熊よけの鈴や熊撃退スプレー、蚊取り線香などを携帯し、なるべく複数人数でいらしてください。

 

幻の温泉とも呼ばれている一本松温泉。

ごl興味のある方はぜひ!

 

 

 

| 黒湯での出来事 | 16:51 | - | - |
花の競演

黒湯の前庭では今、春の高山植物たちが咲き競っています。

 

まずは左から、マーガレットのような花弁は「キクザキイチゲ」。菊のような葉と菊より小さな紫がかった花弁が特徴です。

写真中央の3枚の大きな葉を持つ緑の花弁は「エンレイソウ」。「齢が延びる草」という名を持つ、おめでたい植物です。

その左には、中高山帯でしか見られない貴重な花「シラネアオイ」です!!乳頭山や駒ケ岳でもたま〜にしか見られないというレアな植物ですヨ!!!

そしてその前にあるアザミに似たピンクのお花が「ショウジョウバカマ」です。「狸の袴」という名に似つかわしくない(笑)可憐さを持っています。

 

 

シラネアオイは今年は2か所、今日現在で計5輪が花をつけています。

 

 

 

こちらは、雪の下からやっと姿を現した黒湯の水飲み場と、その前に咲くリュウキンカ。

 

山奥の春らしい素敵なコントラストを醸し出しています。(奥にはまだ残雪が…!!!)

 

 

 

こちらは可憐な「ミヤマカタバミ」。休暇村乳頭温泉郷近くのぶな森で群生も見られますよ。

 

 

 

水芭蕉の名残も少し。

 

 

今年は雪も多く、寒さもなかなか取れないのですが、おかげでこんなに一気に咲き揃うという珍しい現象も起きています。

 

皆様も、湯めぐりやお泊りでいらした時に、是非この花々を探してみてくださいね!ほかにも珍しいお花が見つかるかもしれませんよ〜〜(^^)

 

 

 

| 黒湯での出来事 | 15:56 | - | - |
+ 最近の旬情報
+ カテゴリー
+ 過去の通信(月別)
+ リンク
+ PROFILE
このページの先頭へ